サービス一覧

賃貸経営のメリットは、家賃収入が入ることです。
立地や築年数などによっても条件は異なりますが、ある程度の収入は見込めることになります。
そんな大きなメリットがある反面、デメリットもあります。
賃貸経営をしていく上でリスクを認識しておくことはとても重要なことですので、しっかり確認しておきましょう。
まずは家賃収入ゼロのリスクです。
入居者が決まらなければもちろん収入は入ってきません。
その物件のローンの返済に充てることができなくなるため、自分の貯蓄や給与などから返済していかなければならなくなります。
次に、建物の劣化や設備の故障などのリスクです。
建物は時間が経てば老朽化していきますので、交換や修繕などの費用も貸し主にかかります。
また、入居者トラブルなども発生しないとは言い切れません。
家賃の滞納や騒音、ゴミ出しでの近隣への迷惑など相手がありきの商売につきものの問題もあります。
賃貸経営はこれらのリスクを認識した上で想定外のトラブルにも対処できるような心構えが必要になってきます。